子供の頃の誕生日といえば、とにかく美味しい食べ物だったり、欲しかった物をプレゼントしていただいたり等、とにかく親には本当に良くしていただきました。これは子供なので当然のことなのかもしれませんが、私は本当に誕生日が待ち遠しくて、前日になるとドキドキしてあまり眠れなかったことがありました。 すると誕生日当日は嬉しいのですがとにかく眠いので、楽しむはずが早めに眠っていました。今となってはとても懐かしい思い出です。そして社会人になった現在、自分でお金を稼ぐようになったことで、特に親の誕生日にはプレゼントを贈るようになりました。例えば食事に招待したり、旅行をプレゼントしたり等です。 これは恩返しの意味もあります。現在は退職していますが、父や母には本当にお世話になりました。ですから今後は、少しでも恩返しをしたいので、これからも父と母の誕生日は、何かしら喜んでいただけるような物事を企画したいと考えています。